テニスをプレイする上で、スマッシュが得意であるのと苦手であるのとでは、プレイの内容に関しても相手への重圧感に関しても雲泥の差があります。スマッシュが得意といった事だけで、相手は気軽にロブなど打てなくなるからです。このようなことからも、ぜひ正確で攻撃的なスマッシュが打てるように練習してみて下さい。スマッシュが上達するポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)は、ボールの落下地点を予測してすねやく移動出来るようになる事です。スマッシュが苦手だったり、失敗が多かったりするのは、足が止まっている方に多いようですが、テニスで一番大切なのはフットワークだと言われていますね。スマッシュを打つタイミングで適切な場所にいる事が出来なければ、ラケットの真ん中にボールを当てる事が出来ず、打点が狂いやすくなってしまいます。まずは、ボールの落下地点を予測して、フットワークを使って速効でボールの下に入るようにします。そして、ラケットの真ん中にボール(野球やテニス、ゴルフ、卓球など、スポーツによっては、個人練習の時でもたくさんの?があった方がいいこともあります)が当たるよう打点を調節して、一気に振り抜くのです。これで、初心者でもある程度威力のあるスマッシュが打てるようになるでしょう。スマッシュを打つ際に足が止まっているようでは、いくら強くラケットを振ってみても迫力あるスマッシュは打てません。プレイ中に足が止まるくらいスタミナが足りないのであれば、下半身を強化する事もスマッシュが上手くなるためには重要なポイントとなってきますねー